【緊急取調室 4th SEASON】4話ネタバレあり感想/訳ありの先生も解放

緊急取調室 4th SEASON 4話感想緊急取調室 4th SEASON

テレビ朝日系木曜ドラマ枠(木曜21時)・連続ドラマ「緊急取調室 4th SEASON」の第4話「瀕死の容疑者」が2021年8月12日(木)に放送されました。主演は天海祐希さんです。

病院ベットを取調室内に設置するのは驚きましたが、これぞキントリというような回で見応えがありました。

【緊急取調室 4th SEASON】4話の簡単あらすじ

ある工場で有毒ガス事故が発生した。被害者の1人が故意に機械を操作した様子が確認できたため、事件性が疑われキントリが動くことになる。

【緊急取調室 4th SEASON】4話のネタバレあり感想

以下、「緊急取調室 4th SEASON」4話の感想です。ネタバレが含まれますのでご注意ください。

キャスティングが好み

前回の逢沢りなさんや、小林涼子さん(三上るり子役:小林涼子さん)をキャスティングしてくれる辺り、非常に私の好みどストレートを突いてきてうれしいです。

メアリージュンさん(橘頼子役:高橋メアリージュンさん)も知的さと色気を併せ持ち、いろんな面を演じてくれてすてきでした。

北斗刑事部長に夢中

気付くと北斗刑事部長(北斗偉役:池田成志さん)の出番を心待ちにしている私ガイル。
今回も期待にもれず面白い人でした。

北斗刑事部長が差別すればするだけ、そういう展開にはならないんだろうなと安心します。結局、恋愛絡みではありましたが……。

「頭、悪っ」と言われたことないということですが、多分聞こえないところで言われていると思われますわ。

地獄のスリー食品

4人事故に巻き込まれたということで、誰が狙われて、誰が犯人なのか全く予想が付きませんでした。

犯人は割とすぐに確定

事故に巻き込まれた4人全員を疑いましたが、橘さんの倒れ方に違和感があったこと、さらにそのそばに空気孔があったことから、事件の主犯は橘さんだと確定しました。
事件が起きると犯人予想をしますが、キントリは基本的に疑われた人がそのまま犯人なことが多いと個人的に思っていて、これぞキントリと感じました。
前回は特殊だったと思います。それはそれで面白いんですけどね。

そもそも、死にたい人は、息苦しくなってもナースコールを押さないと思うんですよね~春さん(小石川春夫役:小日向文世さん)の「脈拍は安定していますが」って言葉は結構皮肉だったと思います。

個人的なメールは都度削除していたとのことですが、玉ちゃん(玉垣松夫役:塚地武雅さん)をなめんなよぉ!と思いますし、そもそも社長に聞き込みをしたら整合性が取れていないのはバレそうな気がします。でも、キントリ側の話したものも含めて、どの話もだまされそうなほどよくできていたと思います。

主治医が自分に有利な動きをしてくれる幸運がありましたが、最後までは気持ちが持ちませんでしたね。

全身全霊で感情をぶつけるさんを見て、マル裸にされているなとキントリを実感できました。

いい人?悪い人?

三上さん(三上聡役:内村遥さん)は散々な言われようでしたが、冒頭に橘さんを助けようとしていた様子は必死で、本当はいい人だったらいいのになと思っていて、結局ほとんどが橘さんが思い描いたウソで、実際は実直な人で安心しました。

ただ、橘さんのことを見下していたようにも取れる発言をしていたのは事実なので、残念さは残ります。奥さんの前ではあまり他の女性をいいように言わないようにしていたか、奥さんの感情が入った証言だから少し捻じ曲がったということだったらいいなと思います。

巻き込まれただけ

巻き込まれた若い従業員さん(水野一輝役:長田真英さん)が、本当の本当にただ巻き込まれただけでつら過ぎます。

上から落ちてきた時は衝撃でした。

折原先生も救われてうれしい

許さない、死なせないという言葉が狂気じみていて、折原先生(折原政人役:甲本雅裕さん)も橘さんと学生時代のつながりがあってストーカー化しているのかと思ったら、過去のトラウマからの発言でした。

元は正義感の強い人だったようで、キントリのおかげで折原先生も過去のトラウマから解き放たれたようでほっとしました。
折原先生のつき物が落ちたような表情にジーンとしました。

春さんと折原先生のアイコンタクトはかなりのきゅんポイントでした。

次回

次回はAIロボットに取り調べという斬新回です。AIだからいけるんですかね……?

小池徹平くんなのも楽しみです。

【緊急取調室 4th SEASON】4話の出演者・キャスト(敬称略)

真壁有希子(警視庁捜査一課・緊急事案対応取調班):天海祐希
梶山勝利(警視庁捜査一課・緊急事案対応取調班管理官):田中哲司
渡辺鉄次(警視庁刑事部捜査一課一係主任):速水もこみち
監物大二郎(警視庁刑事部捜査一課一係係長):鈴木浩介
かやの(居酒屋しんじの店員、しんじの妻):中村静香
しんじ(居酒屋しんじの店主、かやのの夫):生島勇輝
北斗偉(警視庁刑事部 刑事部長):池田成志
玉垣松夫(警視庁サイバー犯罪対策室、元緊急事案対応取調班メンバー):塚地武雅
菱本進(警視庁捜査一課・緊急事案対応取調班):でんでん
小石川春夫(警視庁捜査一課・緊急事案対応取調班):小日向文世

橘頼子(スリー食品株式会社リサイクル管理事業部SY21リサイクル課主任):高橋メアリージュン
折原政人(医師):甲本雅裕
三上聡(スリー食品株式会社専務、るり子の夫):内村遥
三上るり子(聡の妻):小林涼子

矢代(スリー食品株式会社従業員):栗田芳宏
水野一輝(スリー食品株式会社従業員):長田真英
看護師:羽村純子
看護師:小泉もえこ
中学生の橘頼子:安土姫華
中学生の三上聡:宍戸晴空
スリー食品株式会社従業員:那海
スリー食品株式会社従業員:かとうずんこ
10年前の殺人事件の被疑者:河津浩滉
スリー食品株式会社社長で聡の父親:春園幸宏
聡とるり子の息子:川田琥太郎
橘の祖母:香川のの
 他

タイトルとURLをコピーしました