【ボイスⅡ 110緊急指令室】6話ネタバレあり感想/ボイス的ホラー回

ボイスⅡ 110緊急指令室6話感想★ボイスⅡ 110緊急指令室

日本テレビ系土曜ドラマ枠(土曜22時)・連続ドラマ「ボイスⅡ 110緊急指令室」の第6話が2021年8月23日(土)に放送されました。主演は唐沢寿明さんです。

エンディング曲の差し込み方が好きでした。緊張感があおられてかっこいいです。

【ボイスⅡ 110緊急指令室】第6話の簡単あらすじ

ECUへ、動画撮影者がえたいの知れない何かに襲われたと視聴者から通報が入る。半信半疑で調べていくと、事件性が疑われたためECUが動き出す。

【ボイスⅡ 110緊急指令室】第6話のネタバレあり感想

以下、「ボイスⅡ 110緊急指令室」第6話の感想です。ネタバレが含まれますのでご注意ください。

大樹くんはぎりぎり

大樹くん(樋口大樹役:鳥越壮真さん)は間違いが起きる前に間に合って良かったです。

自分の意思で事件を犯している他の人と違って、催眠状態に見えるので、樋口さん(樋口彰吾役:唐沢寿明さん)に対する悪意が強く感じられます。

白塗りさん大公開

白塗りさんこと久遠さん(久遠役:安藤政信さん)の過去が一部明らかにされました。

お母さん(久遠の母親役:智順さん)の口からスマイルと聞いた時にはぞっとしました。虐待をしていたとしても、母親は母親なんですね。
母親が連行されただけでは今のゆがみは説明できないので、もっと隠されたいろいろがあるのでしょうね。

久遠さんの居場所も公開でしたが、イケメンで医師免許も持っている久遠さんに対して周りが敵意むき出しなのは、自分の正義を貫いていて潔いです。窓を閉め切っているのは別にいいでしょって思いますけど。

花壇を汚しているのは、実は自治会長さん(美由紀役:日髙のり子さん)自身では?と疑ったのですが、エレベーター内でのしゃべり方が終始丁寧だったので思い直しました。

そのエレベーター内での久遠さんの行動は、自宅付近とは思えない凄惨なものであぜんとしましたが、妄想でした。
というか、妄想で怒りコントロールできるなら、数々の事件を起こさなくても良くないですかっていう。
最終的に全部夢オチなんじゃないかって。心に痛い事件が多過ぎて、もうそうであってほしいとさえ思います。

そして、お母さんは生きていないんでしょうね。

どこかで時が止まっているのかもしれません。

スポンサーリンク

ホラー展開

動画配信者の成瀬さん(成瀬友則役:松岡広大さん)の事件は、まず、視聴者から110番が入ることに驚きました。
このご時世、そういうこともありますよね~。

ECUにたくさんコールがなる場面が少ないので、ちょっと楽しかったです。
コード1も珍しくて興味深いです。

成瀬さんは、おっイケメンと思ったら元アイドルで納得です。喜んでいたら、彼もひどい人間で泣けました。幽霊を見たことがある出動班・香川さん(香川俊太役:松本博之さん)に癒やされるしかありません。

他人を物理的に傷つけてまで得る再生数ってなんなんですか。

常識人っぽかったカメラマンの平山さんに、酷ですが頑張って引き止めてほしかったです。

平山さんの「あいつ自身、分かってないかもしれません」という言葉が、最初は理解不能でしたが、意味が分かったらまじKOEEEEEでした。
ヤクに漬かり過ぎて見えないものが見えちゃう、行動に制限ができなくなるってことだったんですね。

衝撃映像が動画配信されているはずなのに、小松さん(小松知里役:藤間爽子さん)が淡々と成瀬さんの事務所契約解除理由を説明していて、小松さんの様子がホラーだわと思ったら、まさか追いかけてくる女性がいないとは、やっぱりホラーでした。

フラグ立て

石川さん(石川透役:増田貴久さん)は2回ほど危険なフラグを立てていましたが、無事追い込まれていってちょっとおかしくなりました。
樋口さん、フラグ立て続けるのやめてほしいです苦笑

倒れた小野田本部長(小野田則親役:大河内浩さん)を前にした石川さんを見て、逃げる境遇になってばかりだなあと思いました。

早く薬剤師の先生(久子役:宍戸美和公さん)の言うとおりにしておけば良かったのに。

片桐さん(片桐優斗役:中川大輔さん)から上着を手渡されるシーンは、片桐さんが優しく見えてちょっときゅんとしてしまいましたが、きっと服に何か仕掛けているのだと頭を振りました。
うまいこと小野田本部長とかち合ったのも、服にGPSを仕掛けて指示したのではないかと勘繰ってしまいます。

重藤一課長(重藤通孝役:藤本隆宏さん)からこき下ろされましたが、刑事課なら今回の事件はガセだといって事件として取り合ってもくれなかったと思われますから、偉そうで腹が立ちました。

まあ、橘室長(橘ひかり役:真木よう子さん)が外で声を感じ取った時にもっと捜索していたらとか、後悔するべき点は結構ありますね。石川さんの成長のために内山碧さんが犠牲になったんだとしたらつらいです。助かると思っていただけに。

小野田本部長は、久遠さんが手を下したというよりは、内通者の片桐さんが山城さん(山城早紀役:宮本茉由さん)に横恋慕して、ついに排除へ乗り出したんだったらいいなあと妄想しました。

次回

次回は石川さんが犯人として追いかけられる立場ですが、片桐さんが仕込んだGPSを使って居場所を特定する展開を希望します。

【ボイスⅡ 110緊急指令室】第6話のキャスト(敬称略)

樋口彰吾(港東署ECU緊急出動班・班長、警部補):唐沢寿明
橘ひかり(港東署ECU緊急司令室・室長、雄二の恋人):真木よう子
石川透(港東署ECU緊急出動班・捜査員):増田貴久
山城早紀(港東署ECU緊急司令室・副室長):宮本茉由
片桐優斗(神奈川県警捜査一課・捜査員):中川大輔
小松知里(港東署ECU緊急司令室・新人室員):藤間爽子
緒方拓海(港東署ECU緊急司令室・室員、ホワイトハッカー):田村健太郎
小野田則親(神奈川県警・本部長):大河内浩
足達大輔(港東署ECU緊急出動班・捜査員):遠藤雄弥
島田康彦(港東署ECU緊急出動班・捜査員):福澤重文
佐伯和則(港東署ECU緊急出動班・捜査員):宮田佳典
香川俊太(港東署ECU緊急出動班・捜査員):松本博之
樋口大樹(彰吾の息子):鳥越壮真
宮脇和馬(港東署ECU緊急司令室・室員):倉田大地
植松恵(港東署ECU緊急司令室・室員):早坂望美
重藤雄二(港東署ECU緊急出動班・二代目班長、警部補、橘の恋人、通孝の弟):増田昇太
重藤通孝(神奈川県警・捜査一課長、雄二の兄):藤本隆宏
久遠(白塗りの男):安藤政信

成瀬友則(「成瀬チャンネルのXファイル」動画配信者、元アイドル「Black TriggerS*」メンバー):松岡広大
内山碧(喫茶店でウエートレスのアルバイト):花田優里音
平山洋介(「成瀬チャンネルのXファイル」カメラマン):嶺豪一
美由紀(久遠の住むマンション「カナリヤ港東」の自治会長):日髙のり子
久子(かぐや薬局薬剤師):宍戸美和公
神奈川医科大学病院の大樹の主治医:瀬川亮
久遠の母親:智順
中学生の久遠:高村佳偉人
マンション「カナリヤ港東」の住人:石神まゆみ
マンション「カナリヤ港東」の住人:おおらいやすこ
警察官:髙松周平
佐山明日香(廃虚で3年前に殺された湘南西高校生徒):斎藤さらら
神奈川本部の警察官:吉﨑恋
 金子祐史浅井浩介 他

タイトルとURLをコピーしました