【遺留捜査 第7シーズン】9話ネタバレあり感想/知らないほうが幸せである

遺留捜査 第7シーズン 9話感想★遺留捜査 第7シーズン

テレビ朝日系木曜ミステリー枠(木曜20時)・連続ドラマ「遺留捜査 第7シーズン」の第9話が2022年9月8日(木)に放送されました。主演は上川隆也さんです。

村木さん(村木繁役:甲本雅裕さん)に沖縄旅行の予定があるのに仕事を押し付けるのは、何というパワハラ職場。今回は飛行機の時間に余裕があったのでギリセーフでしょうか?

【遺留捜査 第7シーズン】9話の簡単あらすじ

神崎莉緒(栗山千明)の知り合いの警察官・氷室翔太(崎山つばさ)が殺害された。氷室は、5年前の傷害事件を調べており、特別捜査対策室は今回の事件との関連性を探っていく。

【遺留捜査 第7シーズン】9話のネタバレあり感想

以下、「遺留捜査 第7シーズン」9話の感想です。ネタバレが含まれますのでご注意ください。

恋に発展なし

神崎さん(神崎莉緒役:栗山千明さん)は、冒頭から被害者の氷室さん(氷室翔太役:崎山つばささん)と親しげで、1話丸々ショックを受けたままかな、3分の相手は神崎さんかななんて考えていたら、そこまで落ち込むことなく通常どおり仕事に励んでいて驚きました。
会ったことがないはずの佐倉さんがくん付けで呼んでいたからか、佐倉さん(佐倉路花役:戸田恵子さん)のほうが親しくてショックを受けているのではないかとまで思ってしまいました。

そんな不思議な感じで見ていたら、氷室さんのほうが神崎さんに気持ちがあったようだと知って納得です。

氷室さんといい雰囲気になれないんだったら、神崎さんは結婚を諦めざるを得ないかもしれません。出会い方、超かっこよかったんですけど。

でも、食事の時に氷室さんが気持ちを伝えて付き合うことになっていたとしたら、数日後に命を落としてしまって神崎さんのショックが計り知れなかったので仕方がない運命だったのでしょうか。

悪い人いい人

つだかんさん(岩瀬隆介役:津田寛治さん)は弱々しい役柄でした。

でも笑顔が悪くて、また悪人の役だろうかと見守っていたのですが、話が進むにつれていい人というのが分かってきました。

安置室に付き添ってくれて、罵倒を受け止めた様子は、警察官としてまっとうな人なんだなと感じました。
その後、実は自分の娘になるかもしれない子が相手だったと知って、つらさに打ち震えました。

不思議なもので、懐中時計を選ぶ回想では、爽やかないい人にしか見えなくなりました。

知らないほうが幸せ

舞妓の葉月さん(小畠鈴乃役:森日菜美さん)は、通り魔事件で母親(小畠妙子役:藤田瞳子さん)を亡くしていてかわいそうですし、当時は犯人を取り押さえてくれなかった警察官である岩瀬さんを責める気持ちも分かります。

しかし、5年たった今でも警察官を恨んでいるのは、正直お門違いだなあという気持ちでいっぱいです。
母さんが助けた子どもが憎い!とか言われるよりはましではあるのですが……。

非番の日と知ったらなおさらです。
自分の大事な人たちが現場にいるからというのもありますが、とっさに犯人を押さえる行動に出られるのは、さすが警察官だなあと思いました。

最後に犯人を取り逃がさなければ、ここまで嫌われることはなかったのでしょうか。

実は母親の恋人で、今の自分の足長おじさん的な存在だということも知らずに恨みを口にしているのは残酷だなと思いますし、もう葉月さんは真実を知らないままでいてほしいです。
知って、涙を流して後悔するなんて場面、正直見たくないです。

犯人予想

犯人予想は、岩瀬さんか神代さん(神代修馬役:浜田学さん)の二択で迷い、岩瀬さんがいい人にだったので除外。

神代さんもいまいち動機が浮かばないのですが、岩瀬さんが最後に出会った人物への態度は神代さんでおかしくないような気がします。
組対の課長さんですし、土竜と深い関わり合いがあるとか中枢の人物であるとかそういったところでしょうか。

まさか、9話に登場していないってことはないですよね?あと、同一犯でお願いしたいです。

5年前の事件も何か裏がありそうです。
風船が次々に割れたのも作為的なんじゃないかと疑っています。

通り魔事件の犯人(沢村直哉役:渋谷謙人さん)がまだ生きていて今回の実行犯、っていう可能性もあるのかなあ。

大物は遅れてやってくる

高橋英樹さん(物部泰弘役:高橋英樹さん)がなかなか登場しないなと思ったら、後半に差し掛かってやっと登場です。
出てこないのではないかと思ってしまいました。大物は遅れてやってきます。

なぜかと思ったら、最終回のメインキャストになるのでしょうね。

最近味方サイドの役しか見ていなかったので、とんでもない悪人顔披露にあぜんとしました。まじで表情筋すごい。

遺留品は金のチェーン

今回の遺留品は金のチェーンでした。懐中時計のチェーン。
時計部分とチェーン部分を、大事な人たちからプレゼントされるのであればすてきですね。

3分のお話を聞いても相手が受け入れないのは珍しい展開で良かったです。
ちょっと、3分のお時間が唐突にやってきた気がしてましたが、岩瀬さんの危険フラグをビンビンと立てるためだったんだなと切なくなりました。

次回の遺留品は白い折り鶴と思われますが、せっかく遺留品の持ち主である岩瀬さんと何度も糸村さん(糸村聡役:上川隆也さん)と接触していたんですから、途中で一度くらいチラ見せしてくれたほうがスッと入り込めたのではないかと困惑しました。見逃していたらすみません。
相手は、葉月さんになるのでしょうかね。

次回

次回最終回です。

ラスボス的物部さんだけではなく、政治も絡んだ大きな話になりそうです。

沖縄に行った村木さんがどういった関わり方をするのかも気になります。

【遺留捜査 第7シーズン】9話のキャスト(敬称略)

糸村聡(京都府警捜査一課・特別捜査対策室・刑事):上川隆也
神崎莉緒(京都府警捜査一課・特別捜査対策室・刑事):栗山千明
雨宮宏(京都府警捜査一課・特別捜査対策室・刑事):永井大
沖田悟(京都府警捜査一課・特別捜査対策室・刑事):戸塚純貴
滝沢綾子(京都府警科捜研研究員):宮﨑香蓮
村木繁(京都府警科捜研研究員):甲本雅裕
佐倉路花(京都府警捜査一課・特別捜査対策室・室長代理):戸田恵子

物部泰弘(物部総合病院院長):高橋英樹
岩瀬隆介(警備会社「京都ガードサービス」警備員、元警察官):津田寛治
氷室翔太(京都府警組織犯罪対策二課・刑事、巡査部長):崎山つばさ
小畠鈴乃(葉月という名の舞妓、妙子の娘):森日菜美
江本みどり(葉月と柚葉がいる置屋の女将):日髙のり子
神代修馬(京都府警組織犯罪対策二課・課長):浜田学
沢村直哉(5年前の通り魔事件犯人、事件後焼死、当時大学生):渋谷謙人
諸橋葵(氷室が過去に逮捕した特殊詐欺犯、右手首に蝶のタトゥー):水沢エレナ
小畠妙子(5年前の通り魔事件に巻き込まれて死亡、鈴乃の母親):藤田瞳子
鵜飼(懐中時計購入者):多賀勝一
下田春樹(骨董屋):平岡秀幸
大盛(警備会社「京都ガードサービス」警備員):野田晋市
比嘉直人(土竜からインサイダー情報を買った男性):佐々木誠
ひったくりの男性:渡辺佑登
柳紗千子(柚葉という名の芸妓):中村友香
香奈(物部総合病院入院患者):村上蘭
 他

タイトルとURLをコピーしました